生活費以上の収入は意味なしと知るべし

      2016/05/06

この記事の題名は、レオナルドダヴィンチの言葉です。

生活費以上の収入は意味なしと知るべし、
君の生活に何ら役に立たないものを君が稼いでみたところで、
君を満足させることはないだろう。
君が老年になってからの預金となる蓄財を確保したいと言うなら、
徳の研磨こそ間違いない、
徳こそが信頼にたる財産であり、
徳の研磨により、
徳の容器は夢と大きな希望で満たされる事だろう。

( 途中少し端折っています。原文は、レオナルドダヴィンチ 絵画論 参照 )

僕はこの言葉が大好きです。

例えば、今あなたが、どうやっても使いきれない程の莫大な富を手に入れたとしましょう。そして欲しい物は全て買いつくした。もう欲望のままに何もかもを買いつくした。もう欲しい物が何も出てこなくなる程に全てを買いつくし、この世にこれ以上買いたい物がなくなってしまった。

そしてその瞬間に、こう問われるのです。

さぁ!お前は今から何がしたい!

この問の中にこそ、自分が真にやりたい事が見えてくるのだと思います。今の僕の話では、莫大な富を手に入れ欲望の限りを尽くした後に、やっと自分の人生について考え始めます。でも上記のレオナルドダヴィンチの言葉は、

欲望の限りを尽くした後に、お前は今から何がしたい!、そう問われる地点に、一瞬で僕を連れて行ってくれるのです。

 


 - 日記