こうやって誘惑に勝て!

      2016/02/06

なんとなくテレビを見てしまう、ダラダラとネットをやってしまう、お菓子を食べてしまう。自分の目的を邪魔する沢山の誘惑が身の回りにはあると思います。今日は僕が考えるそれら誘惑との戦い方のコツ、を書いてみます。

戦ったら負け

それは、「誘惑との戦闘状態に入ったら負けたと思え」 です。

誘惑というのは、そいつと戦う状態に入ったらもうほぼ負けです、戦った時点で負け確定。そう思っているくらいが多分丁度いいです。

誘惑というのはブラックホールの様な物で、近づけば近づく程その引力は大きくなって、離れるのが難しくなっていきます。だからまだ遥か遠くにあるうちにぱっぱとブラックホールから逃げてしまう。そうすれば少ない労力で誘惑から離れられて、とても楽なのです。

お菓子が目に入ってしまって、食べたくなってしまった。もう負けです。目に入らない様にするのです。

帰ってきてパソコンが目に入ってしまった。もう負けです。パソコンはコンセントを抜いてしまいます。

帰ってきてテレビに目がいってしまった。もう負けです。テレビなんて押し入れにしまっておきましょう。

誘惑というのは、それと戦う状態に入る前に、勝負をかけるんです。いや、そこだけが、我々に残された唯一の勝負所なのです。

不戦勝。

これ以外に勝てる見込みはない。そう思っておきましょう。

我慢の力は有限

また仮に、頑張って誘惑と戦って勝てたとしても、ブラックホールにある程度近づいてしまっていれば、離れるのにかなりの労力を使います。それが続くと正直疲れます。この疲れは、他の作業の集中力も落とします。疲れがたまってくれば、ますます我慢がきかなくなってくるので、どこかで誘惑に負けてしまいます。

なのでやはり、我々が目指すべきなのは、不戦勝、なのです。


 - 日記