節約したいなら歯を磨け

      2016/02/06

無駄に結論を引き伸ばして内容を水増ししている文章は嫌いだ。

と言う様な事を、僕は昨日の記事で暗に言ったと思うのですが、

自分が同じ事をやってしまってるのではないかと、反省する所があり、

結論を先に持ってきたバージョンにしてお届けします。

今回は節約の話です。

節約を考える上で一番やるべき事はずばり歯磨きです。

最近僕はあまり節約を意識する事はなくなってしまいましたが、

そんな風に考え方が変わった今でも、

健康の為に変わらず歯磨きはしっかりやっています。

以前、座禅とラーメンと某お茶から導く、本当の問題解決方法。

という記事でも似た様な事を書きましたが、

大事な事というのは根っこの部分で色んな物とつながっていて、

どの角度からみても価値を持つのかもしれません。

節約というと、 スーパーで少しでも安い商品を選んだり、

見切り品を選んだりというイメージがありますが、

その一回一回で得られるお金は、やはり微々たる物と言わざるおえません。

それに対して、生命保険の契約や、車の購入、家の購入などは、

一回で多額のお金が動く為、ここで失敗してしまっては、

下手をすればスーパーでの節約の一生分くらいが、一発で簡単に飛んでしまいます。

また時間の節約とお金の節約は似ています。

例えばドアが閉まりかけた電車に飛び乗って、 5分得をしたとしても、

帰宅後に夜中までネットをして何時間も無駄に過ごしていたのでは、

駆け込み乗車で得した5分など焼石に水になってしまいます。

この場合真っ先にどうにかすべきなのは、やはりネットの方でしょう。

この様に 大きな額(時間)が動く場面で、しっかり考える事が大事だと思うのですが、

以外に身近で見過ごされているのが歯医者と病院です。

大きな治療をした時の出費はかなりの金額になるはずです。

そしてここで節約を試みれば、健康という、

お金では代える事のできない大きなオマケがついてきます。

この様に根っこで他の物とつながっていて、

目の前の問題解決だけに捕われず、広い視野で見て価値のある物こそが、

優先すべき物なのではないかと思います。

そもそも節約したいと思う時は、なぜ節約をしたいのでしょうか、

そこを突き詰めていけば、

おのずと自分の幸福や、人生の充実を求める気持ちに行きつきはしないでしょうか?

ならば目の前の節約に捕われる事なく、

その最終目的により貢献する方法(かつ節約にもなる方法)こそが、

大事な様に思います。

そうした物の中で、非常に重要で、かつより身近でより実践可能な物が、

歯磨きなのです。


 - 日記