完結させるという事

   

 

ある日僕が、車で小さな交差点にさしかかると、

その自転車は、止まって道を譲ってくれた。

お互いに、どうぞ、どうぞと、譲り合いが始まったが、

結局僕の方が負けてしまった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ある日僕が、横断歩道を歩いていると、

その車は、止まって道を譲ってくれた。

まだ少し距離があったのに、

わざわざ止まって、僕が通るのを待っていてくれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ホームセンターの駐車場。

何度も何度も切り返し、駐車に四苦八苦する車を、

僕は随分と長い事待っていた。

やっと駐車が終わったその車は、

ごめんなさいのジェスチャーで、僕に精一杯謝ってくれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

僕が車を運転している時に、

細い路地から通りに出ようとする車があった。

僕は車を減速させ、その車を入れてあげた。

向こうは大きなジェスチャーでありがとうと手を振ってくれた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

どの話にも、後に続く一言がある。

その一言があってはじめて、その出来事がちゃんと完結する。

 

前者2つでは「ありがとう」

後者2つでは「どういたしまして」

 

これを言いそびれた時のなんとも宙ぶらりんな気持。

 

今からサビだ、って時に鐘を鳴らされるのど自慢の様な、

未完成のままずっと放置される様な感覚を味わい、後悔した。

なぜ言わなかったんだろうと考えた。

 

あ~、言って無視された経験が何度か重なると、

言わなくなってしまうんだなと思った。

 

結局は、

言って無視されて嫌な思いをするか、

言わなくて後悔するか、

どちらかを選ばなければいけないんだ。

 

単純な物で、物事が単なる二択問題になれば、

霧が晴れて、迷路が解けて、

気持がとっても軽くなった。

自分が気持ちがいい方を選べばいいだけなんだよと思った。

 


 - 日記