漆のお椀を買ってみた(高い食器はダイエットにも効果あり?)

      2015/12/15

生活が慌ただしく、余裕がないな、と思った時は、逆にこんな物を買ってみる事を僕はお勧めします。

20151103201318

漆のお椀です。

自分は食器を100均で買ったりしていたので、漆なんて生まれて始めて買いました。4800円也。相場を知らないので高いのか安いのか全く分かりません。ちゃんと自分が気に入った物を日々の暮らしの中で使おう。そう思っていた矢先で、色のモダンさに惚れて思わず買ってしまいました。

人は環境によって作られる生き物で、自分の意志の力なんて環境の前では小さい物だろうと思います。そしてどうでもいい様な、毎日触れている持ち物全てが、自分が意識するしないに関係なく、自分の価値観を勝手に作ってくれちゃっています。

だから、自分が気に入った物、直感で買うべきだ、と思った物は、値段以上に色々な効果を与えてくれる事があると思います。

このお椀、どうも細かい傷がついたり光沢が落ちたりするらしく、洗う時は他の硬い食器に当てない事、洗った後はそのまま乾かしてはだめで、柔らかい布でちゃん水気を拭く事。だそうで、ちょっとだけ手間がかかります。

でもこのちょっとの手間が、焦っている時の視野狭窄に気づかせてくれるというか、この食器を使う事で、食事の準備や後片付けにちょっと余計に時間をとられても、結果的に何の問題も起きないんですよね。やってみて、あれ、別に問題ないじゃん、何も変わらないじゃん、って、全然平気。何に焦ってたんだか俺は、という感じです。

そして、食べてる時の意識が、だらしのない感じから、ちょっとキリっとした感じになります。背筋が伸びる感じ。

ちゃんとした人間であらねば、という様な意識を維持するのに、ちょっと貢献してくれます。

高級品を買う本当理由は、その品物に見合う人間であらねばならない、と自分を鼓舞したり、それを身に付けている事でやる気をアップさせたりする事にある、と言われますが、腹八分目、そう思いながら我慢できずに食べてしまう自分を、この食器が、だらしがない奴、と思わせてくれる。そんな効果もあって、これは多分ダイエットにもいいぞ。と思いました。

今までの自分の方向性とは違う、新しいベクトルの物が入ってくると、それだけでも刺激があって、元気になります。

ただあまりに時間がない時は使いませんけどね。どんな物でも、時と場合によって、いい物にも悪い物にもなります。

自分のその時の「場合」に合わせた、丁度いいにさじ加減。それが上手に考えられる様になる事が、真に自分の血肉として使いこなせているという事なのかなと思います。

道具も言葉もね。


 - 日記