森林のクライマックス(森が示唆する永続可能な社会)

   

 

もみじや銀杏など、見事な紅葉を見せる森から、

屋久島の様な深くて荘厳な森まで、

日本には様々な形態の森がみられますが、

 

その森はどうやってスタートするのか、

そして森のゴールとは。

その森の移り変わりを表した物を、森の遷移と呼びます。

 

多くの森は、何万年前、何千万年前、草も生えない岩場からがスタートです。

 

そこにコケなどの地衣類が生え、少しずつ岩を砕き、

そのコケの死骸が養分となり、少しずつ土が出来上がってゆきます。

 

土ができると小さな草が生え始め、その草の根がさらに岩を砕き、

そして草は枯れた後に養分となり、土を豊かにしてゆきます。

 

土が豊かになると、小さな木が育つ様になり、その木の根がさらに岩を砕き、

枯れた草木がさらに土を豊かにする。

 

それが長い歳月繰り返され、大きな木が育つようになり、森の形成へと至ります。

 

陽樹と呼ばれる光を一杯に浴びて成長してゆく木々を中心に、

ぐんぐん森は大きくなり、

共生する動植物達も多種多様となり、

沢山の生き物の舞台となる豊かな森へと成長してゆくのです。

 

しかし、ある一定まで大きくなると、森はその成長を止め、

まるで退化ともとれる方向へとその舵を切り始ます。

 

大きく育ち過ぎた木々達は光を遮り、

薄暗くなった森には草花が育たなくなります。

 

光が届かない為に、木の子供である幼木が育たなくなり、

自らが大きくなり過ぎた為に自分の子供が育たなくなる。

というなんとも皮肉な結果となり、

木々達は次の世代へと命を残す事なく枯れてゆきます。

 

そして最後に訪れるのが、森の最終形態。

 

森林の極相、森林のクライマックスと呼ばれる、

森が最後に行きつく場所、森のゴールです。

 

その一つが、屋久島などに代表される、薄暗くてジメジメした、

エゾマツやスギなどの陰樹の森です。

 

彼らは薄暗い環境でも育つ為、

光の届かなくなった森で台頭し、陽樹達にとって変わります。

 

そして森は、この陰樹の形態になると、

もうそれ以上姿を変える事はないのです。

 

安定的に、暗くジメジメしながら、

ずっと永続可能な生態系を維持してゆくのです。

 

低め安定で永続可能な社会、

大量生産大量消費の物質社会から、物に捕われない心の社会へ、

爆発的に増えた人口も減少の一途で、

どこかつり合いがとれる所まで減少して落ち着いていく事でしょう。

 

今、時代が、光に満ちた陽樹の時代から、

低め安定で永続可能な陰樹の時代へと、

移って行こうとしている様に思えてなりません。

 

森がそうである様に、社会もまた、

光に溢れた栄華の時代は長く続く物ではなく、

少し暗くて、静かで、屋久島の森の様に落ち着いた社会こそが、

真に目指すべき社会なのではないかと、僕は思っています。

 

 

 

 


 - 日記